ヒュンダイのスポーツクーペ ベロスター に新型、1.6ターボは201hp…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー
ヒュンダイ・ベロスター 新型(デトロイトモーターショー2018)
ヒュンダイ・ベロスター 新型(デトロイトモーターショー2018) 全 8 枚 拡大写真
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型『ベロスター』をワールドプレミアした。

ベロスターは2011年1月、デトロイトモーターショー2011で発表。斬新なスタイリングを持った2+2のスポーツクーペだ。ボディサイドの片側だけに、後部ドアが装備され、ヒュンダイは「3ドアクーペ」と表現する。

そのベロスターが、7年ぶりのフルモデルチェンジを実施。2代目モデルとなる新型が、デトロイトモーターショー2018でデビューした。新型も、初代の特徴のボディサイド片側だけの後部ドアを継承し、3ドアクーペとして登場している。

高性能ブランドの「N」を除いて、シリーズのトップグレードとなるのが、「ベロスター ターボ」。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」は、最大出力201hp/6000rpm、最大トルク27kgm/1500-4500rpmを獲得する。オーバーブーストモードでは、最大トルクがプラス1kgmの28kgmに引き上げられる。

トランスミッションは6速MTまたは7速デュアルクラッチ。トルクベクタリングコントロールも採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/01/23/305099.html/article/2018/01/23/305098.html/article/2018/01/23/305100.html