踏切の障害物検知が水平・垂直を検知…京阪が試験、国内初

鉄道 テクノロジー
2次元レーザーレーダーを用いた踏切障害物検知装置の検知方向。赤い部分が垂直方向、緑の部分が水平方向。写真は、実験が行なわれる丹波橋通踏切道。
2次元レーザーレーダーを用いた踏切障害物検知装置の検知方向。赤い部分が垂直方向、緑の部分が水平方向。写真は、実験が行なわれる丹波橋通踏切道。 全 2 枚 拡大写真
京阪電気鉄道(京阪)は、2月24日から国内初の試みとして、2次元レーザーレーダーを用いた新しい踏切障害物検知装置の実証試験を開始する。

レーザーレーダーは、障害物に向けてレーザー光を照射して、その反射光や散乱光から距離を測定する装置で、自動車では前車追従システムなどに用いられている。

今回、実証試験で使われる踏切障害物検知装置は、レーザーレーダーの特性を応用したもので、東京都港区に本社を置く大同信号が開発した。

踏切道内の水平面のみを検知する既存の検知装置とは異なり、踏切出入口の垂直方向も検知し、踏切道の上部に侵入した障害物にも対応できるため、実質的には3次元検知と同等の機能を実現しているという。

試験期間は半年間で、京阪本線丹波橋駅最寄りの丹波橋通踏切道(京都市伏見区)で、既存の検知装置も稼働させながら実施する。

京阪では「本装置を導入するとともに、引き続き踏切道を通行される方に向けた踏切支障報知装置の非常ボタン操作のご協力喚起することで、踏切道のさらなる安全性向上を図ってまいります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。

ピックアップ

Response.TV