日産 ジューク に改良新型、コネクトと先進運転支援が充実…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
日産 ジューク 改良新型(ジュネーブモーターショー2018)
日産 ジューク 改良新型(ジュネーブモーターショー2018) 全 7 枚 拡大写真
日産自動車の欧州法人、欧州日産はジュネーブモーターショー2018において、『ジューク』の改良新型モデルを初公開した。

改良新型モデルでは、小規模な変更を実施。ジュークは2010年のデビューから8年が経過しており、改良新型モデルでは、さらなる商品力の引き上げが図られた。

外観は、フロントのVモーショングリルをダーククローム仕上げに。ヘッドライト内部もダーク化され、ドアミラーのウインカーもダーク仕上げとなった。LEDフォグランプを主要グレードで標準化。16~18インチまで、3種類のアルミホイールのデザインも新しい。

室内では、パーソナリゼーションカラーとして、エナジーオレンジとパワーブルーの2色を新設定。シートやセンターコンソール、ドアトリム、空調吹き出し口などが、オレンジまたはブルーでコーディネートできる。

中級グレード以上には、「日産コネクト」を標準装備。最新のインフォテインメントシステムやリアパーキングカメラなどが装備される。最上級グレードには、先進運転支援システム(ADAS)として、レーン逸脱警告、ブラインドスポット警告、アラウンドビューモニターなどが採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジュネーブモーターショー2019
  • ジュネーブモーターショー2019
  • MDI エアーポッド(2008年)
  • DCデザイン・ガイア(2003年)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ