ホンダコレクションホール、ルマン24時間耐久レース特集開催 6月14日から | レスポンス(Response.jp)

ホンダコレクションホール、ルマン24時間耐久レース特集開催 6月14日から

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マツダ787B
マツダ787B 全 4 枚 拡大写真
ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、開館20周年記念リクエスト展示「栄光のチェッカーフラッグ~ル・マン24時間レースに挑んだ日本車たち~」を年6月14日から9月12日まで開催する。

ホンダコレクションホールは1998年、ツインリンクもてぎ内にオープン。ホンダを代表する二輪、四輪、汎用製品、レーシングマシンなど約300点を展示しており、2018年3月に開館20周年を迎えた。同ホールでは、日頃からの愛顧への感謝として、来館客からのリクエストをテーマにした企画展を開催している。

今回は世界三大レースのひとつである「ルマン24時間耐久レース」を特集。フランスのルマン市郊外のサルトサーキットで6月に行われるこのレースは、1923年から開催されており、1周約13.6kmのロングコースを24時間の周回数で競う。この最も過酷といわれる耐久レースに挑戦してきた日本のマシンたちがホンダコレクションホールに勢ぞろいする。

展示車両は、1991年に総合優勝した唯一の日本車マツダ「787B」をはじめ、ホンダ「NSX GT2」(1995年/7月下旬より展示)、日産「R390 GT1」(1998年)、トヨタ「TS020」(1999年)、トヨタ「90C-V」(1990年)、ホンダ「NSX GT2」(1994年)、日産「スカイライン・ニスモGT-R LM」(1995年)、ホンダ「NSX GT1ターボ」(1995年)などを予定している。

入館料は無料。ただし別途ツインリンクもてぎ入場・駐車料金が必要。

「XC60が小型になったのではなく、XC40として作りこんだ」。ボルボのコメント通り、外…

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

この記事の写真

/

編集部ピックアップ