500km/hの高速鉄道への無線信号送信に成功

鉄道 企業動向
無線局切替えイメージ
無線局切替えイメージ 全 3 枚 拡大写真
情報通信研究機構(NICT)は、NICTネットワークシステム研究所が500km/hの高速鉄道移動中、通信を途切れさせないよう無線局を適時切り替える方式を開発し、現在の携帯電話回線の約20倍以上となる毎秒20ギガビットの無線信号の送信に成功した。

今回の技術では、線路に沿って無線局を設置するリニアセル方式と無線信号を光ファイバへ重畳するファイバ無線技術を駆使し、高速移動中に通信を途切れさせないよう無線局を適時切り替える方式を開発した。

高速鉄道では、運転指令所に列車位置情報が集約されることから、その位置情報を基にして信号配信する無線局を決めることが可能。移動している列車に近い無線局へ信号を適時配信することで、無線局が列車に付随して移動しているように、移動中も信号途絶のない通信システムの構築が可能になる。

今回の要素技術により、仮に1000m間隔にミリ波無線局が配置され、500km/hで走行しても、無線局を切り替えながら毎秒20ギガビットの信号が送信可能になる。

今回の実験成功により、将来の500km/hを上回る超高速鉄道など、無線局の切り替えが頻発する移動体でも円滑な高速通信が可能となることを示したとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 梁川駅(資料画像)
  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/04/27/309088.html/article/2018/04/27/309087.html/article/2018/04/27/309089.html