日産の新しいEVがセダンだった理由…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
日産シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
日産シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018) 全 7 枚 拡大写真
中期計画「日産M.O.V.E to 2022」の一環として、電動駆動車の拡充を大きなテーマとしている日産自動車。同計画により2022年までに新たに8車種のEVが市場へ投入されることが発表されているが、2018年の北京モーターショーではそのうちの1車種が公開された。それがシルフィのEV仕様である『シルフィ・ゼロエミッション』だ。

このシルフィ・ゼロエミッションは中国専用車両で、2018年後半に発売される予定となっている。それにしても興味深いのは、中国市場で新型『リーフ』に続いて次の1手となるモデルとして、なぜCセグメントセダンのシルフィが選ばれたかということだ。実は、きちんと理由がある。

まずは、中国においてセダンは人気ジャンルだということだ。もともとハッチバックやワゴンの人気が高かった欧州や、フォードが将来的なセダン廃止を発表するほどセダン離れが進んだ北米と違って、ここ中国ではセダンは乗用車の定番である。日本人としても道を走っているセダンの多さに驚くほどだ。


そしてもうひとつの理由は、そんなセダンのなかでもシルフィは超人気モデルだということ。2017年には約42万台を販売し、中国市場ではフォルクスワーゲンのセダン『ラヴィダ』に次ぐ2位の販売台数を誇るのだ。

さらに加えれば、リーフ用に開発した既存のメカニズムを活用できるということもあるだろう。

人気のあるジャンルで、既存の人気のある車種をEV化して手堅く売っていく。シルフィが選ばれたのには、そんな理由があるのだ。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】

《工藤貴宏》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 吉利KCコンセプト(上海モーターショー2013) : 後方左に、ボルボから吉利のデザイン担当副社長に移籍したピーター・ホルバリーが見える。
  • 華泰・宝利格(上海モーターショー2013)
  • トヨタ C-HR と兄弟車の イゾア(北京モーターショー2018)
  • レクサスES新型(北京モーターショー2018)
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ