マツダ CX-3 の米2019年型、最新コネクトと先進運転支援採用

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ CX-3 の2019年型
マツダ CX-3 の2019年型 全 1 枚 拡大写真
マツダの米国法人の北米マツダは、5月下旬に『CX-3』の2019年モデルを発売すると発表し、米国ベース価格を2万0390ドル(約222万円)に設定すると公表した。

外観は、新デザインのフロントグリルを採用。クロームのアクセントが追加され、存在感を引き立たせた。サイドピラーやフォグライトベゼルなどには、ピアノブラックのアクセントを採用。ボディカラーには、ソウルレッドクリスタルのプレミアムペイントが追加された。LEDテールライトにも、新デザインを採用。新デザインの18インチホイールには、光沢のあるスポークデザインを取り入れている。

また、厚みを増したドアパネル、リアドアガラス、ヘッドライナー、アップグレードされたドアシームにより、さらに静かで洗練されたキャビンを追求。新設計のセンターコンソールとアームレストは、電気式駐車ブレーキの採用で、新たに装備されることになったアイテム。後席には、新デザインのカップホルダー内蔵型センターアームレストが追加されている。

直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」は、すべての回転域でのトルク向上を目指し、再チューニングを実施。エンジン内部のフリクションを低減させ、燃費の向上も図られた。スペックは最大出力が148hp、最大トルクが20.5kgmと、従来の最大出力146hp、最大トルク20.2kgmに対して、2hp、0.3kgmの性能向上を果たした。

車載コネクティビティの「マツダコネクト」は、インフォテインメントと診断機能をひとつに統合。音声コマンド、タッチスクリーン、コマンダーコントロールノブで制御する7インチのフルカラーディスプレイを標準装備する。上級グレードは、フルカラーのアクティブヘッドアップディスプレイを装備した。

ADAS(先進運転支援システム)では、「スマートシティブレーキサポート」を全グレードに標準装備。30km/h以下で走行中、緊急時に自動でブレーキをかける。上級グレードには、マツダレーダークルーズコントロール、高速域対応のスマートブレーキサポート、車線逸脱警告、ブラインドスポットモニタリングなどが採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CX-3の開発車両で進化した i-ACTIV AWDを試す
  • 余部灯台へのアプローチ。道案内が出ていたくらいだから簡単に行けるのかと思いきや、落石、路肩崩壊だらけのすごい道だった。最低地上高は『デミオ』よりわずかに高いだけだが、こういう道では生きる。
  • マツダは、新型SUVを近く発表、量産するという。 写真は新世代第一弾のMazda 3(北米仕様)
  • マツダ『CX-3』Lパッケージ。鳥取・琴浦にて。
  • アウディ RS Q3 スクープ写真
  • GR HV Sportコンセプト 市販型予想CG
  • メルセデス AMG GT ブラックシリーズ 市販型(スクープ写真)
  • BMW X5M 新型スクープ写真

ピックアップ