日産、インテリジェントモビリティの取り組みを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018 | レスポンス(Response.jp)

日産、インテリジェントモビリティの取り組みを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車 ブースイメージ
日産自動車 ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
日産自動車は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、持続可能な社会の実現を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていく「ニッサンインテリジェントモビリティ」の取り組みを紹介する。

日産ブースでは、「ニッサンインテリジェントモビリティ」を具現化した『リーフ』の最先端技術を中心に、パネルや部品展示、映像で紹介する。電動化技術では、リチウムイオンバッテリーやインバータ技術、アクセルペダルの操作だけで減速から停止保持まで行える「e-Pedal」、さらに『ノート』『セレナ』に搭載されている電動パワートレイン「e-POWER」も紹介する。

知能化技術では、先進安全技術や高速道路同一車線での自動運転技術「プロパイロット」、自動駐車システム「プロパイロットパーキング」を紹介。さらに360度VRによるプロパイロット パーキングのデモンストレーションを初公開する。つながる技術では、リーフの情報ネットワークや電力ネットワークとの接続機能、新たなモビリティサービスとして実証実験を開始した「Easy Ride」を紹介する。

また、内燃機関の革新技術として、世界初の量産型可変圧縮比ターボエンジン 「VCターボ」の技術紹介も行う。

そのほか、自動車技術会主催の企画展示会場では、リーフによるプロパイロットパーキング体験を、また試乗コーナーでは、リーフ、セレナ e-POWERの公道試乗も実施。さらに、特別講演では、リーフの開発責任者が「Nissan Intelligent Mobilityを具現化した新型日産リーフの最新技術」をテーマに講演を行う。

ブリヂストンは、同社が技術支援するパラアスリートの一人である、パラトライアスロンの秦由加子選手がラン…

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ