愛知製鋼、自動運転時代に向けた磁気マーカシステムを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
愛知製鋼と先進モビリティの共同ブースイメージ
愛知製鋼と先進モビリティの共同ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
愛知製鋼は、「人とくるまのテクノジー展2018横浜」に、同社が出資している自動運転技術開発ベンチャーの先進モビリティと共同でブースを出展する。

今回の展示では「スマートへの布石」として愛知製鋼が取り組んでいる自動運転支援技術「磁気マーカシステム」を中心にした技術を紹介する。磁気マーカシステムはGPSなどの電波が届かないトンネルや高架橋下、カメラなどのセンサーシステムが苦手な積雪や濃霧などでも高い精度で自車位置を特定し、高度な自動運転の実現に寄与する。

また、会場では映像や模型、動くジオラマなどを使ってシステムの有用性や信頼性を分かりやすく紹介するとともに、磁気マーカシステムを提供した自動運転の実証実験の結果も紹介する。

先進モビリティの活動も紹介する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ