ジャガー E-PACE など、燃料レール不具合でリコール…火災のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
ジャガーE-PACE
ジャガーE-PACE 全 2 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは5月18日、ジャガー『E-PACE』などの燃料レールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはジャガー『E-PACE』『F-PACE』『XE 300PS』『XE 250PS』『XE 200PS』『XF 300PS』『XF 250PS』『XF 200PS』『XFスポーツブレーク』『F-タイプ クーペ』『F-タイプ コンバーチブル』、ランドローバー『ディスカバリースポーツ』『レンジローバー イヴォーク』『レンジローバー ベラール』の14車種。2017年6月15日から2018年4月18日に輸入された578台。

燃料レールの製造工程において、燃料レールエンドキャップのロウ付け加工が不適切なため、ロウの割れが発生するものがある。そのため、当該部位から燃料がにじみ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料レールを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー E-PACE(2019年モデル)
  • ジャガー E-PACE 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • ジャガー E-PACEセンサリー・パフォーマンス・エディション
  • ジャガー E-PACE KEI NISHIKORI EDITION
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV