【F1】ホンダ、2019年からのレッドブルへのパワーユニット供給に合意…トロロッソとの共闘も継続

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
今季のトロロッソ・ホンダ(そのタイトルスポンサーは「Red Bull」)。
今季のトロロッソ・ホンダ(そのタイトルスポンサーは「Red Bull」)。 全 3 枚 拡大写真
19日、ホンダはレッドブル・グループと、来季2019年からのレッドブル・レーシングに対する2年間のパワーユニット(PU)供給について合意したと発表した。スクーデリア・トロロッソと合わせて、来季は2チーム供給になる。

ホンダは2015年シーズンにF1に復帰し、PU供給社として活動中。昨季までの3シーズンはマクラーレンと組んでいたが、今季からはトロロッソと共闘している。トロロッソはカラーリングからも分かるように、レッドブルの系列チームにあたり、ホンダによるレッドブルへのPU供給が近未来に実現するかどうかは、トロロッソ・ホンダ誕生が昨年秋に決まった段階から話題であり続けていた。

トロロッソへのPU供給も継続され、来季はレッドブル・ホンダとトロロッソ・ホンダ、2チームがホンダ製PUで走ることになる。ホンダは発表文のなかで「2チームに対して同一仕様のPUを同じ体制で供給し、2019年シーズンを戦う」としている。

レッドブルは現在、メルセデス、フェラーリとともに3強チームの一角に数えられる強豪。今季はルノー製PU(名称はTAGホイヤー)で戦い、第7戦までにダニエル・リカルドが2勝を挙げている。

今季序盤のトロロッソの成績(目下最高は4位)あるいは共闘内容から、ホンダがレッドブルのお眼鏡にかなった、ともいえる今回の合意発表。レッドブル陣営首脳のひとりで、ドライバー選定にも強い影響力をもつとされるモータースポーツ・アドバイザーのヘルムート・マルコ氏は「来季は3者(レッドブル、トロロッソ、ホンダ)が強く結びつくかたちでシーズンを戦うことになる。ホンダと一緒に仕事をすることが非常に楽しみだ」とコメントしている。

当代トップチームとのタッグで、ホンダの第4期F1活動は5年目となる来季、また新たなステージに入ることとなる。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トロロッソからレッドブルに“昇格”することになったアルボン。
  • F1ハンガリーGP
  • F1ドイツGP
  • Red Bull Honda
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/19/311014.html/article/2018/06/19/311013.html/article/2018/06/19/311015.html