ドイツ発のEVベンチャー「e.GO」初号機に試乗…CEBIT 2018

エコカー EV
e.GO Life
e.GO Life 全 6 枚 拡大写真
CEBIT 2018(11~15日)に出展したドイツ・アーヘン発のEVベンチャー「e.GO」は、彼らの初号機となる4人乗り小型EV『e.GO Life』を展示、併設した会場にて同乗試乗会を実施した。

「e.GO Lifeは現時点ではプロトタイプだが、今年の年末には発売する計画だ」と、e.GOモバイルAGのエキスパートセールス、ルーベン・フクス氏は説明する。

同社は設立3年目、従業員250名のベンチャー企業であるが、単なるEVベンチャーではない。

「当初はEVベンチャーとしてスタートする。4人乗りの小型EVと、ZFとの合弁事業として進めている自動運転バス、そして電動アシストつきのファンカートだ。」

「その先には、モビリティサービスベンダーとしての発展を目指している。都市中心部の周辺にEVをプールする施設を設け、そこまでは自分の車で来て、都市の中心に向かう際に、用途に応じたEVに乗り換えてもらうサービスを提供するものだ。」(フクス氏)

そのe.GO Lifeに試乗する機会を得た。屋内での短時間な同乗試乗ではあったが、EVとしてきちんと走るレベルにあることは確認できた。安っぽいドアの開閉音やハーシュネスは感じたが、発売までの約半年で調整が加えられることだろう。

《佐藤耕一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループのCDO (Chief Digital Officer)であるヨハン・ユンクビルト氏
  • フォルクスワーゲンのブース(CEBIT 2018)
  • ZFとDFKI(ドイツ人工知能研究センター)が共同開発したAI導入で理想的な工場生産性を実現するインダストリー4.0システム「BaSys 4.0」
  • VWセドリック・アクティブ(CEBIT 2018)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/06/27/311290.html/article/2018/06/27/311289.html/article/2018/06/27/311291.html