ZF、電動ステアリングを新開発…商用車の自動運転に対応

自動車 ビジネス 企業動向
ZFの新開発の電動ステアリングシステム「ReAX EPS」
ZFの新開発の電動ステアリングシステム「ReAX EPS」 全 1 枚 拡大写真
ZFは6月27日、次世代モビリティをテーマにした「テクノロジーデイ2018」を開催し、トラックとバスなどの商用車の自動運転に向けた新開発の電動ステアリングシステムのプロトタイプを発表した。

ZFの新しい完全電動ステアリングシステムは、「ReAX EPS」と命名。油圧システムとその関連部品を不要にしているのが特徴。油圧式ポンプシステムを使用しない このアクチュエーターシステムは、他に燃料を消費するものを不要にするだけでなく、エンジンからの動力を消費するポンプや追加の電気モーターも不要にする。

さらに、将来のステアバイワイアに対応できるように設計。ZFによると、完全な電動ステアリングは、先進運転支援システム(ADAS)と自動運転機能の重要なカギであり、安全性の向上に加えて、ドライバーの負担軽減と物流工程の改善にも大きく貢献するという。

また、ReAX EPSは、車両が車線の中央を維持できるようにアシストする車線維持支援システム(LKA)など、安全性や快適性の向上につながる機能も導入。ReAX EPSは、中央位置へのステアリングホイールのアクティブリターン、わだちや横風による影響の補正や速度感応式ステアリングアシストなど、商用車の量産モデルでニーズの高い機能も採用した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ZFとエヴァの自動運転テスト車両
  • ZFのクラッチ
  • ZFの新しいソリッドステートLiDARセンサー
  • 拡張されたZFのドイツのテストコース
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ