マクラーレン、車載ソフトの無線更新導入へ…コネクト強化

自動車 テクノロジー ネット
マクラーレン・セナ
マクラーレン・セナ 全 4 枚 拡大写真
マクラーレンオートモーティブは7月12~15日、英国で開催された「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で2025年までの中期経営計画「トラック25」を発表した。車載コネクティビティの強化も、トラック25の主要な柱のひとつとなる。

トラック25は、2016年に発表された「トラック22」計画の進化版。トラック25では総額12億ポンドを投資し、2025年までに18車種の新型車を発売する。同時に、2025年までに、マクラーレンのすべての新車のパワートレーンを、ハイブリッド化する計画。

このトラック25では、車載コネクティビティの強化も打ち出された。具体的には、車両のサイバーセキュリティの向上、車両の追跡性能の改善、無線のOTA(オーバー・ジ・エア)による車載ソフトウェアのアップデートなど。

マクラーレンは、顧客が新しい機能をすぐに利用できるようにすることを目指す、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 戦略的パートナーシップを締結したマクラーレンオートモーティブとガルフ・オイル・インターナショナル
  • マクラーレン620R(オートモビルカウンシル2020)
  • マクラーレン 720Sル・マン
  • ブルース・マクラーレンの等身大の銅像
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ