駐車場をまちづくりの中核に 転換期を迎え、施策のガイドラインを策定

自動車 社会 行政
駐車場(イメージ)
駐車場(イメージ) 全 5 枚 拡大写真
国土交通省は、転換期を迎えた駐車場からのまちづくりのガイドラインを策定した。

モータリゼーションの進展に伴って、路上駐車が大きな社会問題となって以来、駐車場の整備が進められ、今では約500万台の駐車場が供用されている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV