『スターウォーズ』最新作の撮影が開始! 監督がC. フィッシャーの不在を嘆く

エンターテインメント 映画・ドラマ・映像作品
J.J. エイブラムス監督-(C)Getty Images
J.J. エイブラムス監督-(C)Getty Images 全 3 枚 拡大写真
『スター・ウォーズ』公式サイトで告知されていた通り、8月1日(現地時間)からシリーズ第9弾の『エピソード9』(仮題)の撮影がスタートした。J.J.エイブラムス監督がツイッターで報告している。

エイブラムス監督は「キャリーなしに次のチャプターの撮影を始めるというのは、ほろ苦いものだね」と故キャリー・フィッシャーの不在を嘆いた。監督は先日、『エピソード9』では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で撮影したキャリー演じるレイア姫の未公開映像を使うと宣言。CGを使わず、代役も立てずに本物のキャリーを出演させるという決断は、ファンたちを大喜びさせた。


また、監督はキャスト、スタッフ、前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を監督したライアン・ジョンソン、『スター・ウォーズ』の生みの親で基礎を作りあげたジョージ・ルーカスに感謝を述べ、「準備万端だ」と『エピソード9』への意気込みを見せた。

エイブラムス監督のツイッターアカウントは2017年10月に登録されたが、ツイートしたのは今回が初めて。『エピソード9』の撮影開始を機に、ツイッターを始めることにしたようだ。今後もセットの画像とともに進捗を知らせてくれるかもしれない。

『スター・ウォーズ』最新作が撮影開始!監督がC・フィッシャーの不在を嘆く

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ