低い! 室屋が富士スピードウェイでアクロバット飛行…SUPER GT 第5戦

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
室屋選手によるアクロバティックフラウと
室屋選手によるアクロバティックフラウと 全 15 枚 拡大写真
SUPER GT 第5戦が8月4日、富士スピードウェイで開催された。今年もレッドブルエアレースで活躍する室屋義秀選手のデモ飛行が実施された。昨2017年に同じ富士スピードウェイで開催された第5戦でのデモより、高度を下げての飛行となった。

アクロバティック・フライトパフォーマンスを繰り広げた室屋選手は、レッドブルエアレースで唯一の日本人パイロットだ。

富士スピードウェイのコース上で「エクストラ330SC」を操り、キリモミ演技や空中での停止など、高度なアクロバティック・フライトパフォーマンスを披露した。また全長約1.5kmのホームストレートを、機体を傾けたまま飛行。グランドスタンドからは操っている室屋選手の姿がはっきりと見えるほどだった。

今回はレクサスの車両とともにコースを2周し、ホームストレート上では地上のクルマにかなり近づいた高度まで機体を下げ、飛行した。

ドライビングシュミレーターとして世界的に人気の『グランツーリスモ』から飛び出した実車が、富士スピードウェイを疾走…

《雪岡直樹》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/08/04/312770.html/article/2018/08/04/312769.html/article/2018/08/04/312771.html