アストンマーティン初のEV、800Vバッテリー採用へ…充電時間を半減

エコカー EV
アストンマーティン・ラピードEに搭載される800ボルトのバッテリー
アストンマーティン・ラピードEに搭載される800ボルトのバッテリー 全 2 枚 拡大写真
アストンマーティンのアンディ・パーマー社長兼CEOは8月21日、ブランド初のEVとして開発中の『ラピードE』に、800ボルトのバッテリー技術を採用すると発表した。

ラピードEは、アストンマーティンの4ドアスポーツカー、『ラピード』をベースに、EVパワートレインを搭載したモデル。アストンマーティンにとって、初の市販EVとなる。

EVパワートレインは、英国のウイリアムズと共同開発。ラピードEの生産開始は2019年を予定しており、限定155台を生産する計画。

アストンマーティンのアンディ・パーマー社長兼CEOは今回、ラピードEに800ボルトのバッテリー技術を採用すると発表。電動車両向けのDC急速充電ステーションは通常、電圧が400ボルト。400kmの航続に必要なバッテリーの充電時間は、40~80分となる。

電圧を800ボルトに上げると、400kmの航続に必要なバッテリーの充電時間は、20分以内へ半減。アンディ・パーマー社長兼CEOは、ラピードEを2019年末に発売する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アストンマーティン DBX
  • アストンマーティン DBX
  • アストンマーティン初のレーシングシミュレーター「AMR-C01」
  • 現フェラーリのセバスチャン・ベッテル。レーシングスーツはフェラーリ1000レース参戦となる今季第9戦トスカーナGP(9月11~13日)の仕様。
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV