ポルシェ タイカン、最新プロトタイプは市販型ホイール&ヘッドライトを装着 | レスポンス(Response.jp)

ポルシェ タイカン、最新プロトタイプは市販型ホイール&ヘッドライトを装着

ポルシェが2020年より発売する初の市販EVスポーツ『タイカン』。その最新プロトタイプをキャッチした。装着されたカバードタイプのホイール、そして「Xダイナミック・ヘッドライト」は市販タイプと思われる。

自動車 ニューモデル 新型車
ポルシェ タイカン プロトタイプスクープ写真
ポルシェ タイカン プロトタイプスクープ写真 全 17 枚 拡大写真
ポルシェが2020年より発売する初の市販EVスポーツ『タイカン』。その最新プロトタイプをキャッチした。装着されたカバードタイプのホイール、そして「Xダイナミック・ヘッドライト」は市販タイプと思われる。

タイカンは2019年に生産開始、2020年に発売が予定されており、開発が急ピッチで進められている。捉えた最新のプロトタイプは、相変わらずダミーのエキゾーストパイプを装着しているが、右のフロントフェンダーには充電ポートが確認出来る。またリアエンドには、左右のテールライトを結ぶLEDストリップライトが、一体型スポイラーの下にきれいに収まっている。

独特な形状のホイールは、従来のポルシェラインアップにはないもの。カラーこそ不明だが、EVらしさを強調するものとなりそうだ。

EVパワートレインは、最高出力600psを超える2基の永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を搭載し、0-100km/h加速は3.5秒以下、0-200km/h加速12秒以下で、『911カレラGTS』よりも速い。リチウムイオンバッテリーを床下に搭載し、重心は『911』より低くなる。コーナリングパフォーマンスにも期待ができそうだ。

ポルシェは800V充電器に対応する高速充電「ターボチャージング・ステーション」を展開しており、15分でバッテリー容量の80%を充電できる。また1回の充電での航続は、500km以上を可能にする。2019年の後半までに北米で500のステーションを設置する計画を持っている。テスラとは異なりドイツ自動車メーカーとの互換性を持たせたインフラとなる。また非接触のワイヤレス充電システムである、誘電充電の導入も計画しており、自宅駐車場にタイカンを置いておくだけで、一晩で充電が完了するという。

タイカン市販型のワールドプレミアは、2019年3月以降のモーターショーと思われる。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《子俣有司@Spyder7》

この記事の写真

/

ピックアップ

編集部ピックアップ