トヨタ ハイエース など6万4000台、ディーゼル車の排ガス再循環装置に不具合 リコール

自動車 テクノロジー 安全
トヨタ・ハイエース(2012年)L
トヨタ・ハイエース(2012年)L 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車は9月26日、『ハイエース』など4車種について、ディーゼル車の排気ガス再循環装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『ハイエース』『レジアスエース』『ダイナ』『トヨエース』、4車種のディーゼル車で、2010年7月22日~2013年1月22日に製造された6万4656台。

排気ガス再循環装置のEGRクーラ(再循環ガス冷却部)にて、バイパスパイプの強度が不足しているため、冷熱の繰返しでパイプ接続部に亀裂が生じることがある。そのため、そのまま使用を続けると、排出ガスが基準値を満足しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、EGRクーラを対策品と交換する。

不具合は121件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダンロップ SP175N
  • ECOPIA RD613
  • トヨタ ハイエース
  • 少人数制の通勤専用シャトル(イメージ)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ