ルノー創立120周年を記念し、ルノー各車の歴史を語る…ルノーの世界

ルノー創立120周年を記念し、ルノー各車の歴史を語る…ルノーの世界
ルノー創立120周年を記念し、ルノー各車の歴史を語る…ルノーの世界全 1 枚写真をすべて見る

『ルノーの世界』
フランスの歴史ある自動車メーカー
著者:武田隆
発行:三樹書房
定価:4320円(消費税込み)
発売:2018年10月11日
ISBN978-4-89522-695-0

1898年に創業されたので今年で120周年を迎えるルノー。日本市場では昨年7000台を超える販売を記録。また、最近では復活したアルピーヌ『A110』を発売するなど話題となっている。そのルノーの歴史を振り返る書籍が復刊された。

いまから120年前に、なぜルノーが創業されたのか。それはルイ・ルノーの機械好きが発端だ。パリの服飾業界で財を成したルノー家に生まれたルイ。その機械好きは子供のころからで、蒸気機関車に隠れて乗り込み、機関師の操縦を観察してしまうほどだったという。ブローニュ・ビアンクールのルノー家の別荘敷地内に建てられたルイのための小屋で、その才能は開花。そこでルノーの第1号車も作られた。その後、兄とともにルノーフレール社を設立。それが今に続くルノーの始まりなのだ。

本書はこういったストーリーのほかに、アルピーヌやゴルディーニの誕生経緯や『4』や『5』などの“数字の”ルノーをはじめとした各ルノー車の解説もあるので、俯瞰したルノーの歴史を楽しむことができるだろう。

なお本書は2016年刊行の同書を、創業120周年記念装丁に一新して刊行する新装版である。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV