ルノーグループ、中国での電動化を加速へ…中国遼寧省と戦略的提携

戦略的提携を締結したルノーグループ、華晨中国汽車、中国遼寧省
戦略的提携を締結したルノーグループ、華晨中国汽車、中国遼寧省全 1 枚写真をすべて見る

ルノーグループ(Renault Group)は10月16日、合弁パートナーの華晨中国汽車(ブリリアンスチャイナ)ととともに、中国遼寧省と戦略的提携を締結した、と発表した。これにより、中国での電動化を加速させる。

ルノーグループと華晨中国汽車は、合弁会社のルノー・ブリリアンス金杯オートモーティブを設立。ルノーグループが49%、華晨中国汽車が51%を出資している。この合弁会社では、ルノーなど3ブランドのEVを含めたLCV(軽商用車)を生産する計画。2022年までに、年間15万台を販売することを目指す。

ルノーグループは、乗用車、商用車、EVに重点を置いた合弁会社を中国で設立し、中国への投資を拡大。今回の中国遼寧省と戦略的提携もその一環。今後2年以内に、新型EVを3車種中国市場に投入し、中国での電動化を加速させる。

ルノーグループのカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「2019年初頭から、新型EVを3車種投入していく。遼寧省との戦略的提携が、成長の基盤を強化するだろう」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・キャプチャー 新型のE-TECHハイブリッド R.S.ライン
  • ルノー・アルカナ
  • ルノー・メガーヌ eビジョン
  • ルノー・トゥインゴ Z.E.
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV