東洋ゴム、バハ1000参戦の4選手をサポート 世界有数のオフロードレース

昨年のバハ1000参戦の様子(左:ロビー・ゴードン選手車両/右:BJ バルドウィン選手車)
昨年のバハ1000参戦の様子(左:ロビー・ゴードン選手車両/右:BJ バルドウィン選手車)全 5 枚写真をすべて見る

東洋ゴムと米国タイヤ販売子会社のトーヨータイヤU.S.A.(TTC)は、11月14日から18日の4日間、メキシコ・バハカリフォルニア州で開催される第51回「バハ1000」に参戦する4選手をサポート。ピックアップ/SUV用オフロードタイヤ「オープンカントリー」シリーズを供給する。

バハ1000は、毎年11月に開催される世界有数の過酷なオフロードレースのひとつ。参加車両は、バハ・カリフォルニア半島太平洋側の都市エンセナーダを出発し、全行程1000マイル(約1600km)の岩場の多い山岳地帯や起伏に富んだ砂漠地帯を走破する。同レースでは、ドライバーのテクニックだけでなく、過酷な悪路での走破性と耐久性に優れたオフロードタイヤが求められている。東洋ゴムは、本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「オープンカントリー M/T」をレース用にチューニングし、サポート選手チームに供給する。

オープンカントリー M/Tは、悪路走破性だけでなくトラクション性能やブレーキ性能の向上にも寄与する、アグレッシブかつ機能的デザインのトレッドを採用。また、タイヤ構造はオフロードレースでのノウハウを生かした耐外傷性の高いタフネス構造となっている。

今回のバハ1000では、両社がサポート契約を結ぶロビー・ゴードン選手、BJ バルドウィン選手、2016年よりTTCと契約を結んだアンディ・マクミラン選手などの参戦車両に「オープンカントリー M/T-R」を供給する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東洋ゴム ナノエナジー3 プラス(参考画像)
  • 東洋ゴム ナノエナジー3 プラス(参考画像)
  • テレワーク・デイズ2019
  • 米国タイヤ工場全景
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/13/316119.html/article/2018/11/13/316118.html/article/2018/11/13/316120.html