ヤマハ発動機、ニュージーランドの農業自動化ソリューション開発企業へ追加出資

ロボティクス・プラス UGV
ロボティクス・プラス UGV全 2 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は11月14日、ニュージーランドの農業自動化ソリューション開発のスタートアップ企業ロボティクス・プラス社に対し、800万米ドル(約9億1200万円円)の追加出資を行ったと発表した。これにより出資額は2017年12月の200万米ドル(約2億2800万円)と合わせて1000万米ドル(約11億4000万円)となった。

ロボティクス・プラス社は、ロボット工学、オートメーション化および解析技術をベースとした農業分野の自動化ソリューションを開発する企業として2008年に設立。リンゴの自動パッキング機、キウイの自動収穫機、移動型の自動授粉機、農業用UGV(無人地上車両)などの開発実績がある。

同社への出資は、中期経営計画の成長戦略の一つ「ソリューションビジネス『個性ある多様性を創る』」の一環で、農業用UGVや果樹の収穫といった農作業を自動化する技術の共同開発の強化と、農業テクノロジー分野の事業開発が狙い。今後ヤマハ発動機とロボティクス・プラス社は、米国における農業自動化事業の展開を加速させていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YZF-R15
  • 次世代操船システム「HARMO」
  • ヤマハ YZ450FX
  • ヤマハ PW50
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ