信号が変わるタイミングを知らせる、ジャガー・ランドローバーがV2Xの実証実験

ジャガー・ランドローバーのV2Xの実証実験
ジャガー・ランドローバーのV2Xの実証実験全 3 枚写真をすべて見る

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は11月15日、「V2X」技術を導入して車両と信号機が通信を行い、交通の流れを円滑化する実証実験を英国で開始した、と発表した。

ジャガー・ランドローバーは、「グリーン・ライト・オプティマル・スピード・アドバイザリー」(GLOSA)と呼ばれるシステムを開発した。このシステムでは、車両と信号機が通信を行い、信号が変わるタイミングをドライバーに知らせる。これにより、ドライバーは速度を調整して、交差点を青信号で通過できるようになる。

また実証実験では、「ICW」(インターセクション・コリジョン・ウォーニング)のテストにも取り組む。ICWは交差点で他の車が接近しているかどうかをドライバーに知らせ、そのまま進むのが危険な場合、ドライバーに警告する。

さらに実証実験では、救急車や消防車、警察車両などの緊急車両の接近をドライバーに警告する「エマージェンシー・ビークル・ウォーニング」もテストしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー I-PACE
  • ジャガー・ランドローバーの「アドバンスド・プロダクト・クリエイション・センター
  • ジャガー・ランドローバーが開発した3Dプリントによる手袋
  • ジャガー・ランドローバーの自動運転テスト車
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/16/316220.html/article/2018/11/16/316219.html/article/2018/11/16/316221.html