スズキ GSX-R1000 に「竜洋」、聖地を車名にしたスーパースポーツ…EICMA 2018

スズキ GSX-R1000 RYUYO(EICMA 2018)
スズキ GSX-R1000 RYUYO(EICMA 2018)全 10 枚写真をすべて見る

スズキは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『GSX-R1000 RYUYO』(Suzuki GSX-R1000 RYUYO)をワールドプレミアした。

モデル名の「RYUYO」とは、静岡県にあるスズキのテストコース、「竜洋」に由来する。スズキは2005年から、二輪車の設計や実験、品質などの技術開発部門を竜洋コースに集約しており、スズキの二輪車のいわば聖地が、竜洋となる。

ICMA 2018では、スズキのスーパースポーツバイクの「GSX-R」シリーズの頂点に位置する『GSX-R1000』に、竜洋の名前を冠した限定モデルが発表された。公道走行不可のサーキット専用モデルで、限定20台を販売する。

排気量1000ccの直列4気筒ガソリンエンジンは、専用チューンによって、最大出力212hp/12900rpm、最大トルク12.1kgm/10300rpmを獲得する。GSX-R1000に対して、10hp、0.8kgmの上乗せとなる。

GSX-R1000 RYUYOでは、カーボンファイバー製カウルを採用するなどして軽量化に取り組み、乾燥重量は168kgに抑えられた。ヨシムラ製のチタンエグゾースト、ブレンボ製ブレーキ、オーリンズ製ダンパーなどが採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/11/19/316320.html/article/2018/11/19/316319.html/article/2018/11/19/316321.html