カレコカーシェアリング、メルセデスベンツ Aクラス 新型を導入 12月13日より

メルセデスベンツ A180スタイル
メルセデスベンツ A180スタイル全 2 枚写真をすべて見る

三井不動産リアルティは、同社が運営する「カレコ・カーシェアリングクラブ」にて、メルセデスベンツ『A180スタイル』(Mercedes-Benz A-Class)を12月13日より、セルリアンタワー(東京都渋谷区)およびリパーク梅田駅前(大阪市北区)に導入すると発表した。

カレコ・カーシェアリングクラブはメルセデス・ベンツ日本と協力し、会員や新型Aクラスの購入を検討中の人にいち早く試乗機会を提供。12月13日からカーシェアリング車両として好きな時間に自由に利用できる。利用料金(ベーシック)は6時間パック4300円、12時間パック7300円、24時間パック8800円など。

今回導入するA180スタイルは、メルセデス・ベンツ初の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載する。「Hi,Mercedes」と話しかけることでボイスコントロールが起動。例えば「暑い」と言えば最適な設定温度を提案・設定してくれるなど、話しかけるだけで空調や車内照明などの車両機能の操作のほか、目的地設定、音楽選択、気象情報の確認なども行うことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ ハイエースワゴン
  • ボルボ XC40
  • メルセデスベンツA200d
  • メルセデスベンツA200d
  • ヴィーズマン MF6 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/10/317037.html/article/2018/12/10/317036.html/article/2018/12/10/317038.html