メルセデスベンツ Sクラス、PHVモデル「S560e ロング」を追加 1697万円

メルセデス・ベンツ S560e ロング
メルセデス・ベンツ S560e ロング全 6 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダン『Sクラス』にEQ POWER(プラグインハイブリッド)モデル「S560e ロング」を追加し、12月13日より販売を開始する。

パワートレインは、最高出力367ps、最大トルク500Nmを発生するV型6気筒エンジン「M276」と、最高出力122ps、最大トルク440Nmのモーターの組み合わせ。システム総合出力は最高476ps、最大トルク700Nmに達し、パワフルかつスムーズな加速を実現する。また、時速130kmまではモーターのみでの走行可能。電気自動車(EV)のように使用することもできる。

リチウムイオンバッテリーは、小型ながら従来型(8.7kWh)比約55%の大容量13.5kWhを搭載する。また、車体側の充電器と充電用ウォールユニットの両方が6.0kW充電対応となったことで、充電時間を大幅に短縮。なお、メルセデス・ベンツ日本では、設置工事費10万円分を含め、自宅用の充電用ウォールユニットを無料で提供するキャンペーンを実施している。

またインテリジェントアクセルペダルには、2つの機能を用意。プレッシャポイント機能は、EV走行時、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないという限界点でアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに通知。無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現する。ダブルパルス機能は、レーダーで先行車両との車間距離と速度差を計測し、ドライバーが不要な加速操作を行っている場合、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させ、不要なアクセルワークを防ぐ。

価格は1697万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 新型を使った自動駐車の実証実験
  • メルセデスベンツSクラス新型のAMGライン
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • メルセデスベンツ Sクラス 新型
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV