ダンロップ、二輪用アドベンチャータイヤ「トレイルマックス ミクスツアー」を2019年4月より発売

ダンロップ トレイルマックス ミクスツアー(フロント)
ダンロップ トレイルマックス ミクスツアー(フロント)全 2 枚写真をすべて見る

住友ゴムは、二輪用アドベンチャータイヤ、ダンロップ「トレイルマックス ミクスツアー」を2019年4月1日から順次発売する。

トレイルマックス ミクスツアーは大型オフロードバイク用に開発したオン/オフ両用のアドベンチャータイヤ。長距離ツーリングを想定し、オンロードでの走行性能の追求に加え、ツーリング中に現れるダート路に対する優れた走破性を搭載した。

新製品は、オン/オフ両方の路面での性能を追求した新ブロックパターンを採用。オンロード性能は、直立からフルバンクまでの剛性がフラットになるようパターンを追求し、思い通りに反応するハンドリング特性を実現。オフロード性能はラグ溝を配置することで力強いトラクションを発揮する。

またコンパウンドは、前後輪ともにシリカとカーボンをブレンドし、ドライ、ウエットでのグリップ性能とライフ性能の両立を実現。結合力の強いカーボンを配合することで耐摩耗性を確保するとともにブロック欠けも抑制している。さらにオン/オフ両方での性能を発揮するジョイントレス・ベルト(JLB)構造を採用。オンロードでの高速安定性とオフロードでの走破性を両立させた。

発売サイズはフロントが110/80R19、90/90-21、110/80R19、リアが150/70R17、150/70R18、160/60R17の各3サイズ。価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500
  • カンナム・ライカー(Can-Am Ryker)
  • フィリピンでヤマハオーナーへのインタビューが実現。写真は『Sniper』ファンを自称するエドワード
  • マン・マシンが共用する服「Over」
  • カワサキW1(1966年)
  • ハーレーダビッドソン台場 店内
  • カワサキ W800ストリート
  • ヤマハ発動機とGogoroの協業第一弾、電動スクーター「EC-05」の一部(公式サイトより)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/14/317198.html/article/2018/12/14/317197.html/article/2018/12/14/317199.html