乗合バスのノンステップ率、3.0ポイントアップの56.4% 2017年度末

都営バス (AC)
都営バス (AC)全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省は12月14日、2017年度末(2018年3月末)のバス・タクシー車両やバスターミナルのバリアフリーに関する実績の調査結果を発表した。

2006年12月に「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー法)が施行されたことを受け、バス、タクシーなどの各事業者による車両や施設のバリアフリー化が求められている。国土交通省では、2017年度末における乗合バス、バスターミナル、福祉タクシーの移動等円滑化実績について調査し、その結果をとりまとめた。

それによると乗合バスのノンステップバス車両数は前年度末比7.2%増加の2万6002台だった。バリアフリー化率ではノンステップバスが前年度末から3.0ポイントアップの56.4%、リフト付きバスが0.1ポイントアップの5.9%だった。

バスターミナルの段差が解消されている施設数は86施設で、1日当たりの利用者数が3000人以上の施設のバリアフリー率が2.3ポイントアップの93.6%となった。

福祉タクシー車両数は前年度末と比べて4985台増加の2万0113台となった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 車検証(イメージ)
  • 豪雨被害による業務停止の案内文
  • 福岡県久留米市(7月9日)
  • 7月7日、熊本県津奈木町
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ