ドライバーの心理を解析して自動運転車のインテリアをアレンジ…キアがCES 2019で発表予定

キアの「R.E.A.Dシステム」搭載の自動運転コンセプトカーのイメージ
キアの「R.E.A.Dシステム」搭載の自動運転コンセプトカーのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

キアモーターズ(Kia Motors)は12月20日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、新開発の自動運転向けテクノロジーを初公開すると発表した。

この新技術は「R.E.A.Dシステム」と呼ばれる。AI(人工知能)をベースに、リアルタイムで人間の心理に適応するシステムで、マサチューセッツ工科大学(MIT)と共同開発された。

R.E.A.Dシステムでは、AIに基づく生体信号認識技術によって、ドライバーの心理状態をリアルタイムで解析する。これにより、自動運転車のインテリアを最適化し、パーソナライズすることができるという。

このテクノロジーは、ドライバーの心理状態をモニターする。そして、より楽しいモビリティ体験を作り出すことを目指して、インテリアをアレンジする。キアモーターズは、人間の感覚に基づいた車内環境制御とAIベースの心理情報を統合する自動車業界初の技術、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カリム・ハビブ氏
  • キア シードSUV スクープ写真
  • キア ソウルEV スクープ写真
  • キアのプレスカンファレンス(CESアジア2018)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2018/12/24/317468.html/article/2018/12/24/317467.html/article/2018/12/24/317469.html