トラックドライバー向け「スマートジャケット」、LEDライトとヒーター作動…コンチネンタルが CES 2019 で公開予定

コンチネンタルの「スマートジャケット」
コンチネンタルの「スマートジャケット」全 4 枚写真をすべて見る

コンチネンタル(Continental)は、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、スマートジャケットを初公開すると発表した。

スマートジャケットは、主に配送を行うトラックドライバーが着用するために開発されたジャケットだ。夜間の作業中の被視認性を高めるLEDライトや、冬季でも暖かいヒーター機能が採用されている。LEDライトは、ドライバーが運転席を離れると、自動的に点灯する。

このLEDライトやヒーターを作動させるために、ジャケットにはバッテリーが組み込まれている。バッテリーは、ドライバーが運転席に座っている間、誘導充電システムによって、ワイヤレスで自動的に充電される。

コンチネンタルは、ジャケットのヒーターシステムにより、トラックの室内の暖房エネルギーを最大90%削減できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コンチネンタルのドライブコントロールユニットのイメージ
  • コンチネンタル本社(独ハノーバー)
  • コンチネンタルのパワートレイン部門のヴィテスコ・テクノロジーのブランドイメージ
  • コンチネンタルが車両のAIシステム開発用にエヌビディアの技術を導入した構築した自社のスーパーコンピューター
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ