ダイムラー、量産トラック初の部分自動運転レベル2を可能に…CES 2019で発表へ

フレートライナー・カスケーダ
フレートライナー・カスケーダ全 1 枚写真をすべて見る

ダイムラー(Daimler)は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、レベル2の自動運転が可能な大型トレーラーを初公開すると発表した。

この大型トレーラーは、ダイムラー傘下の米国の商用車メーカー、フレートライナーの『カスケーダ』だ。ダイムラーは2015年、米国において、自動運転トラックの公道テストの認可を、自動車メーカーとして初めて取得した。その後の研究開発のノウハウを、フレートライナー・カスケーダに投入する。

フレートライナー カスケーダでは、量産トラックで初めて、部分的な自動運転を可能にする。レーダーとカメラの情報によって、すべての速度領域において、部分的な自動運転が行えるという。

なおダイムラーは2019年に、フレートライナー・カスケーダを発売する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイムラートラックの燃料電池の量産に向けた準備
  • BMWとダイムラー(メルセデスベンツ)の自動運転コンセプトカー
  • メルセデスAMGの新CEOに8月1日付けで就任するフィリップ・シーマー氏
  • ダイムラーのプロトン交換膜型燃料電池
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ