【SUPER GT】GT500王者ホンダ、2019年参戦体制を東京オートサロン2019にて発表…今季も5台のNSXで勇躍

左から伊沢拓也、野尻智紀、バトン、山本尚貴。
左から伊沢拓也、野尻智紀、バトン、山本尚貴。全 10 枚写真をすべて見る

11日、ホンダは東京オートサロンにて今季のモータースポーツ活動計画の概要を発表した。SUPER GT参戦体制も公表され、GT500クラスには今季も5台の『NSX』が参戦、昨季に続く連覇を狙う。

昨季2018年、ホンダは8年ぶりとなるGT500王座を獲得した。チャンピオンに輝いた山本尚貴&ジェンソン・バトンのコンビ(チーム国光)は今季も不動、栄光のカーナンバー1をつけての連覇挑戦となる(昨季はカーナンバー100)。5台というNSXの編成も変わらないが、うち2台に関してはドライバーの変更が発生している。

<2019年 GT500クラス参戦ホンダ勢>
#1 山本尚貴&J. バトン(TEAM KUNIMITSU)
#8 野尻智紀&伊沢拓也(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)
#16 武藤英紀&中嶋大祐(TEAM MUGEN)
#17 塚越広大&B. バゲット(KEIHIN REAL RACING)
#64 N. カーティケヤン&牧野任祐(Modulo Nakajima Racing)

王者の山本&バトン、昨季2勝したARTAの野尻&伊沢、そしてチーム無限の武藤&中嶋、この3台が昨季からのコンビ継続となった。

リアルレーシングの#17は、塚越が残留し、バゲットがナカジマレーシング(#64)から移籍して組む。ナカジマの方は、同チームで昨季スーパーフォーミュラを走っていたカーティケヤンがGT500にスライドする格好になり、昨季は欧州でFIA-F2に参戦していた若手・牧野任祐(ただすけ)と新コンビを結成することに(牧野はGT500参戦経験あり)。そして小暮卓史(昨季#17)と松浦孝亮(昨季#64)が今季のホンダGT500布陣からは外れるかたちになった(松浦はGT300クラスにGT3仕様NSXで参戦する)。

なお、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長によれば各車の使用タイヤは昨季と変わらず、#1、#8、#17がブリヂストン、#16がヨコハマ、#64がダンロップになるという。

ホンダは今回の発表で、2輪、4輪とも“TEAM Honda”として全カテゴリーの選手、スタッフがより一層、一丸となって今季を戦う意向を強調した。また、山本部長は強豪レッドブルとの提携開始でトロロッソとあわせてホンダ製パワーユニット搭載マシンが2チーム4台になるF1でも、2015年の復帰後初となる勝利に向けて技術部門とともに邁進する決意を談話のなかで語っている。

GT500クラスに話を戻せば、昨季のホンダ勢はそれまでの苦境を一気に抜け出すパフォーマンスアップを実現して8戦4勝、山本&バトンが王座に輝いた。今季もホンダ陣内で激しく競いあいつつ、山本&バトンは連覇を、他の4台は“王座奪取”を目指し、互いに切磋琢磨していく。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

ピックアップ