オートバックスのPB、車中泊ミニバンを市販予定…東京オートサロン2019

オートバックス/ゴードンミラーGMLVAN C-01(東京オートサロン2019)
オートバックス/ゴードンミラーGMLVAN C-01(東京オートサロン2019)全 16 枚写真をすべて見る

2019年1月11日(金)、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開幕した「東京オートサロン2019」において、オートバックスセブンは、独自の車中泊仕様車、2車種を出展。市販予定モデルとして注目を集めている。

オートバックスセブンは、洗車やカーメンテナンス用品を扱うプライベートブランド「ゴードンミラー」を展開している。今年のオートサロンでもゴードンミーラーとしてブースを展開しており、そのブランドから車中泊仕様車2車種を展開する。

モデルはトヨタ『ハイエース』をベースとした「GMLVAN V-01」と日産『NV-200』をベースとした「GMLVAN C-01」を用意。どちらのモデルも後部座席以降の荷室スペースを活用し、ウッドの内装に換装。居心地がよく落ち着く空間に仕上げられている。

またこの荷室の床の一部を取り外し、支柱をつけるとテーブルに早変わり。リアシートも後ろ向きに転回可能で、ものの数分で食事スペースに。また、シートを平らにすれば後部までフルフラットな空間となり、車中泊時は落ち着いて就寝することができそうだ。

予定価格はGMLVAN V-01が税抜き399万円~、GMLVAN C-01が税抜き299万円~と手の届く価格帯なのもポイント。市販開始は6月の予定だという。

そのほかゴードンミラーブースでは、洗車用品をはじめとした様々なオリジナルグッズを展示、会場特別価格で販売もしている。

東京オートサロンに関するニュースまとめ一覧

《阿部哲也》

この記事の写真

/

ピックアップ