脱線事故の熊本電鉄は大半が再開…藤崎宮前-黒髪町間の事故区間は運休が続く | レスポンス(Response.jp)

脱線事故の熊本電鉄は大半が再開…藤崎宮前-黒髪町間の事故区間は運休が続く

依然、復旧の目途が立っていない藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。
依然、復旧の目途が立っていない藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。全 1 枚写真をすべて見る

熊本県の熊本電気鉄道(熊本電鉄)は1月11日、藤崎線で1月9日朝に発生した脱線事故の影響で運行を見合わせていた藤崎宮前~御代志(みよし)間のうち、点検が終了した黒髪町~北熊本~御代志間の運行を再開した。

17時01分、菊池線の北熊本発御代志行き下り列車、藤崎線の北熊本発黒髪町行き上り列車から再開しているが、併用軌道を含む事故区間の藤崎線藤崎宮前~黒髪町間は依然として復旧の目途が立っていない。

この再開に伴ない、1月10日から始まっていた臨時バスの運行は、1月11日限りで終了する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ