脱線事故の熊本電鉄は大半が再開…藤崎宮前-黒髪町間の事故区間は運休が続く

依然、復旧の目途が立っていない藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。
依然、復旧の目途が立っていない藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。全 1 枚写真をすべて見る

熊本県の熊本電気鉄道(熊本電鉄)は1月11日、藤崎線で1月9日朝に発生した脱線事故の影響で運行を見合わせていた藤崎宮前~御代志(みよし)間のうち、点検が終了した黒髪町~北熊本~御代志間の運行を再開した。

17時01分、菊池線の北熊本発御代志行き下り列車、藤崎線の北熊本発黒髪町行き上り列車から再開しているが、併用軌道を含む事故区間の藤崎線藤崎宮前~黒髪町間は依然として復旧の目途が立っていない。

この再開に伴ない、1月10日から始まっていた臨時バスの運行は、1月11日限りで終了する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 大阪モノレール (AC)
  • 美術工芸品として国の重文に指定される運びとなったホジ6014号。15m級の車体で、機関走行部分を容易に取り外しできる構造となっている。車内がほぼ新製当時の状態で残されている点も見逃せない。
  • 西日本の美しい海や空を表現したという瑠璃紺色をベースにしたエクステリアイメージ。前面にはヘッドマークも付く。
  • 東北本線では初の運行となる『SL銀河』。
  • 「鬼籍のトレインムービー」というブラックジョークを飛ばして制作される銚子電鉄の『電車を止めるな!』。3月17日には出演者のオーディションも開かれた。
  • 開業まであと5日に迫ったリアス線をPRする特設サイト。
  • 内・外両方で深夜2時過ぎまでの終電延長が検討されている山手線。
  • 清流みはらし駅を通過する錦川鉄道の列車。出入口はなく、展望のみに特化した駅で、一般の営業列車は停車しない。

ピックアップ