脱線事故の熊本電鉄は大半が再開…藤崎宮前-黒髪町間の事故区間は運休が続く

依然、復旧の目途が立っていない藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。
依然、復旧の目途が立っていない藤崎線藤崎宮前~黒髪町間の併用軌道区間。全 1 枚写真をすべて見る

熊本県の熊本電気鉄道(熊本電鉄)は1月11日、藤崎線で1月9日朝に発生した脱線事故の影響で運行を見合わせていた藤崎宮前~御代志(みよし)間のうち、点検が終了した黒髪町~北熊本~御代志間の運行を再開した。

17時01分、菊池線の北熊本発御代志行き下り列車、藤崎線の北熊本発黒髪町行き上り列車から再開しているが、併用軌道を含む事故区間の藤崎線藤崎宮前~黒髪町間は依然として復旧の目途が立っていない。

この再開に伴ない、1月10日から始まっていた臨時バスの運行は、1月11日限りで終了する。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 今秋は男鹿線に入線することになったC61 20。
  • くろまつ
  • 大阪モノレール
  • 秩父鉄道パレオエクスプレス
  • 『まほろば』には、写真の『こうのとり』など、北近畿方面の特急に使われている287系を充当。先頭の3両付属編成で運行される。
  • 改装が進む『山明』の外装。
  • 伊豆急線と伊東線が接続する伊東駅。Phase2では以北の熱海までフリーエリアが広がる。
  • 鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/11/317933.html/article/2019/01/11/317932.html/article/2019/01/11/317934.html