ドライブレコーダーも4K時代到来、データシステムが高精細機種を展示…東京オートサロン2019

データシステムブース(東京オートサロン2019)
データシステムブース(東京オートサロン2019)全 9 枚写真をすべて見る

データシステムは、開発中の超高精細4Kドライブレコーダー「DVR3400」を公開。ほぼその全容を公開し、従来モデルとの映り方の違いを比較して見せていた。

「こ、こんなに違うの?」… 来場者が思わず唸ってしまう超高精細4Kドライブレコーダーが発売を控えている。「この夏に販売を始める予定」と案内してくれたのは、データシステム 広報宣伝部 川田正尚氏だ。

このDVR3400は、最新鋭プロセッサ、CMOSセンサを採用し、業界最高レベルの4K(3840×2160)の解像度を実現。フルハイビジョン(207万画素)の4倍に相当する鮮明な4K映像(829万画素)を録画できるハイスペックモデル。「いまのところ、リアル4Kドライブレコーダーは最先端ではないか」と川田氏はいう。

ブースでは、従来モデルと4Kドライブレコーダーでとらえた映像を並べて展示。その違いは誰にもはっきりとわかるほど。対向車や先行者のナンバーも認識できる。「家庭のテレビなどに4K映像が入り込んできて、ドライブレコーダーにも4K映像を求めるユーザーが現れはじめた」(川田氏)。

もちろん、車線逸脱警告機能なども搭載。GPSも搭載し、パソコンで走行軌跡を確認できる。常時録画とループ録画に対応。32GB microSDカードが付属し、「価格は3万円前後を想定している」(川田氏)という。

WQHDクラス高画質ドラレコも今夏ラインナップ

また、超高精細4Kドライブレコーダーに次ぐ、WQHD高画質2WAYドライブレコーダー「DVR3200」も公開。こちらもこの夏に販売予定の機種で、後方カメラが追加可能なモデル。

このDVR3200は、フルハイビジョンの1.8倍に相当するWQHD(2560×1440)での高画質録画を実現した。オプションの後方カメラを追加することで2カメラにも拡張できるドライブレコーダー。夜間撮影にも強いF値1.9の6層ガラスレンズを採用し、夜間映像もくっきり、はっきりと録画できる。また、動体や衝撃を検知する駐車監視機能を搭載している点も注目を集めていた。

開発中の1カメラスカイトップビューを公開

今夏に発売予定の最新ドラレコを展示したデータシステムは、「製品化までもう少し時間がかかるかも」という開発中モデルも公開。「1カメラスカイトップビュー」もそのひとつだ。

この1カメラスカイトップビューは、リアルカメラの映像と記憶合成し、真上から見た画像で駐車位置を確認できるというシステム。

リアカメラ、ハーネス、ユニット、モニタというシンプルな構成で、ひとつのカメラだけでクルマの周囲を確認できるという画期的なもの。「データシステムの独自画像認識技術で、幅広い車種に取り付けられるようにしていきたい」と川田氏はいう。

同社はこのほか、いま問題のあおり運転を後方からもとらえられる2カメラドライブレコーダー「DVR3100」や、ドライブレコーダーを駐車中の防犯カメラとしてシステムアップできるセンサースイッチコントローラー「SWC295II」、ドライブ中でも同乗者がTV番組をチェックできる「TV-KITシリーズ」なども紹介していた。

カメラシリーズをマツダ ロードスターに装着して展示

データシステムブースの真ん中には、マツダ『ロードスター』。同社製品でも好評を得ている「車種別サイドカメラキットSCKシリーズ」は、昨年と同様に注目を集めていた。

車種別サイドカメラキットSCKシリーズは、左サイドの死角をモニターに映すモデル。車種別専用設計のカメラカバーでボディにも違和感なくデザインに溶け込むところがポイント。このサイドカメラがあることで、縦列駐車で思わぬ衝突も防げるし、自宅の狭い駐車場などにギリギリまで幅寄せできるといったメリットもある。

また、トヨタやホンダのエンブレムのなかにカメラをスマートに組み込ませるエンブレムフロントカメラセットも人気。180度スーパーワイドビューで、交差点の進入時や、横切る歩道を行く歩行者や自転車をモニターでとらえることができるのもうれしい。

カメラ系のラインナップが豊富で、次々と国内初モデルを公開していくデータシステム。今年注目の4Kドライブレコーダーは、その超高精細な映像をブースで体感してみて。

《大野雅人》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/12/317959.html/article/2019/01/12/317958.html/article/2019/01/12/317960.html