VWグループジャパン、直営販売会社の株式をポルシェHDの日本法人に譲渡

VWパサート
VWパサート全 2 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは1月18日、子会社の販売会社フォルクワーゲンジャパン販売(VJS)の株式を、ポルシェホールディングの日本法人PAIGジャパン・オートモビル・インベストメント合同会社に譲渡する契約を締結したと発表した。

ポルシェHDは、VWグループ内の自動車小売販売ビジネスを担っており、今回の株式譲渡はポルシェHDの事業をグローバルに成長させていく戦略の一環としている。

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、小売事業を譲渡し、日本でのインポーターとしてホールセール事業に集中する方針。

ポルシェHDはドイツ・フォルクスワーゲンが100%出資するグループ企業で、今回の株式譲渡はグループ内での資本異動となる。株式譲渡に伴うフォルクスワーゲンジャパン販売のマネジメント、従業員、販売店に変更はないとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWポロ
  • 提携拡大を発表するVWグループとフォードモーターの両首脳
  • ボルグワーナーが開発した初の混合燃料対応ターボ
  • VWメキシコ工場で最後のザ・ビートルがロールアウト(7月10日)
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/21/318274.html/article/2019/01/20/318273.html/article/2019/01/21/318275.html