VWグループジャパン、直営販売会社の株式をポルシェHDの日本法人に譲渡

VWパサート
VWパサート全 2 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは1月18日、子会社の販売会社フォルクワーゲンジャパン販売(VJS)の株式を、ポルシェホールディングの日本法人PAIGジャパン・オートモビル・インベストメント合同会社に譲渡する契約を締結したと発表した。

ポルシェHDは、VWグループ内の自動車小売販売ビジネスを担っており、今回の株式譲渡はポルシェHDの事業をグローバルに成長させていく戦略の一環としている。

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、小売事業を譲渡し、日本でのインポーターとしてホールセール事業に集中する方針。

ポルシェHDはドイツ・フォルクスワーゲンが100%出資するグループ企業で、今回の株式譲渡はグループ内での資本異動となる。株式譲渡に伴うフォルクスワーゲンジャパン販売のマネジメント、従業員、販売店に変更はないとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループの電動化に向けた新戦略を発表するヘルベルト・ディースCEO(上海モーターショー2019)
  • VW ティグアンR スクープ写真
  • VWパサート
  • フォルクスワーゲン ID. ROOMZZ(上海モーターショー2019)
  • VW ティグアンR スクープ写真
  • アウディ S4 改良新型 スクープ写真
  • マツダ アテンザ改め「マツダ6」次期型の予想デザイン。FR化&直6搭載の噂も?
  • MINI JCW GP 市販型 スクープ写真

ピックアップ