マツダ NDロードスター、AT制御コンピュータに不具合 8600台をリコール

マツダ・ロードスター(2015年)
マツダ・ロードスター(2015年)全 2 枚写真をすべて見る

マツダは1月31日、『ロードスター(ND)』のトランスミッション制御コンピュータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

今回、6AT車のトランスミッション制御コンピュータにおいて、クラッチ制御プログラムが不適切なことが発覚。Dレンジ(マニュアルモード含む)で走行中にレンジ信号ノイズを検出した場合、意図しないクラッチ制御が作動することがあり、減速感を伴うショックが発生し、最悪の場合、走行安定性を損なうおそれがある。

対象となるのは、2015年3月5日~2018年12月19日に製造された8607台。改善措置として、全車両、トランスミッション制御コンピュータのクラッチ制御プログラムを対策プログラムに修正する。

不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報により届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ NDロードスター チューニングキット
  • 1/10スケールRCカー用ボディ「PANDEM MAZDA ROADSTER」
  • 初代マツダ/ユーノス・ロードスター
  • マツダ・ロードスター軽井沢ミーティング2019
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/01/31/318641.html/article/2019/01/31/318640.html/article/2019/01/31/318642.html