金ピカ ホンダが7モデル、NSX や シビックタイプR から二輪車まで…豪州進出50周年を祝う

ホンダの豪州進出50周年を祝う全身ゴールドのワンオフ7モデル
ホンダの豪州進出50周年を祝う全身ゴールドのワンオフ7モデル全 12 枚写真をすべて見る

ホンダ(Honda)は2月1日、オーストラリア進出50周年を記念して、『NSX』や『シビックタイプR』をはじめ、二輪車や汎用製品を含めた7モデルに、全身ゴールドのワンオフモデルを製作した、と発表した。

ホンダは1969年2月4日、現地法人のホンダオーストラリアを設立した。ホンダの製品は1950年代からオーストラリア各地で輸入販売されていたが、1969年2月4日の現地法人の設立によって、オーストラリア市場での販売を本格化した。以来、ホンダのさまざまな製品は過去50年間、何百万ものオーストラリア人に受け入れられてきた。

今回、ホンダオーストラリアは、メルボルンを拠点とするスペシャリストであるVinyl Wraps&Graphicsと協力。オーストラリア進出50周年を記念して、四輪車のNSXやシビックタイプRをはじめ、二輪車の『CBR1000RR』、『CRF450L』、『CRF50F』、芝刈り機の『HRU19』、発電機の『EU22i』の合計7モデルに、全身ゴールドのワンオフモデルを製作した。

その手法は、ゴールドクロームのフィルムを透明なサテンフィルムと組み合わせ、ボディ全体をラッピングするというもの。ホンダによると、光の当たり方によって色調を変える独特の仕上がりにしているという。

ホンダは2019年の1年間、全身ゴールドのワンオフ7モデルでオーストラリア各地を周遊する予定だ。ホンダは、大胆かつ楽しい方法でホンダのオーストラリア進出50周年とホンダのユニークな多様性を祝いたい、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/04/318748.html/article/2019/02/04/318747.html/article/2019/02/04/318749.html