ポルシェカイエン「クーペ」、550馬力のターボ設定へ…格納式スポイラー装着

ポルシェ カイエンクーペ スクープ写真
ポルシェ カイエンクーペ スクープ写真全 9 枚写真をすべて見る

ポルシェのクロスオーバーSUV、『カイエン』の派生モデルとなる『カイエンクーペ』開発車両を、スウェーデン北部の山中でカメラが捉えた。

捉えたプロトタイプは、大迫力のカーボンセラミックブレーキディスク、イエローのキャリパー、クワッドエキゾーストパイプを装着するエクステリアからも、高性能「ターボ」の可能性が高い。

フロントエンドはカモフラージュが重く、ディテールは不明だ。しかし、ルーフエンドは丸みを持たせたクーペスタイルとなり、テールライトも専用デザインが予想される。上部にはルーフスポイラーが確認できるが、リアウィンドウ下に格納式アクティブ・スポイラーが装着されているのも特徴となっている。

テールゲート形状の変更に伴い、ナンバープレートもバンパーへ移動されているのも見てとれる。また室内では、ラゲッジルームへの影響は出そうだが、ヘッドルームの状態はベースモデルとほぼ同じ状態を保つと予想される。

カイエンクーペのパワートレインは、最高出力434psを発揮する2.9リットルV型6気筒エンジンを搭載。「ターボ」には、最高出力550ps、最大トルク768Bmを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが予想されている。またハイエンドモデルには、最高出力680psを発揮する「ターボS E-ハイブリッド」の設定が噂されている。

カイエンクーペのワールドプレミアは2019年内、ターボは2020年以降の登場となるだろう。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/05/318780.html/article/2019/02/05/318779.html/article/2019/02/05/318781.html