ロールスロイスの「ベイビーファントム」10年ぶり刷新へ…よりクーペ風デザインに

ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真
ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真全 13 枚写真をすべて見る

ロールスロイス『ゴースト』次期型プロトタイプを全方向から、かつ鮮明にカメラが初めて捉えた。

ゴーストは、フラッグシップである『ファントム』の下に位置するモデルだ。ライバルにはベントレー『フライングスパー』やメルセデス・マイバッハ『S600』が挙げられる。2009年に初代がデビューして以来、実に10年ぶりのフルモデルチェンジを果たすことになる。

ドイツ・ミュンヘンの公道でキャッチした開発車両は、フルカモフラージュされているものの、次世代型のヒントがいくつか見てとれる。フロントエンドには、薄型ヘッドライト、現行モデルより正方形に近づいた形状をしたグリルを装着。Aピラーは角度を持ち、ボンネットフードも刷新されており、ファントムからインスパイアされたデザインが予想される。

注目はリアエンドのデザインだ。現行モデルよりリアウィンドウは寝かされ、トランクルームへ滑らかに伸びていることがわかる。また完全に隠されたテールライトからは大幅な変更が予想され、リアビューはかなりスポーティなデザインが期待できそうだ。ファントムから継承するレイアウトのキャビン内には、アップデートされたインフォテインメントシステムを搭載するだろう。

ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真

プラットフォームには、ファントムやSUV『カリナン』と共有する軽量アルミ製「アーキテクチャ・オブ・ラグジュアリー」プラットフォームを採用する。

パワートレインは、ファントムの6.75リットルV型12気筒ツインターボも噂されるが、BMW『M760Li』に搭載される最高出力585psを発揮する6.6リットルV12型ツインターボのアップデート版を搭載する可能性が高い。

ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真

次期型に関する一部の開発や検証プログラミングは、ミュンヘンのBMW施設で行われるほか、英国ウェスト・サセックス州・グッドウッドにある本社で製造される。ワールドプレミアは2020年内が有力だ。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真ロールスロイス ゴースト 次期型 スクープ写真

《Spyder7編集部》

【画像】ロールスロイスの「ベイビーファントム」10年ぶり刷新へ…よりクーペ風デザインに(13枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  9. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る