アウディに待望のディーゼルSUV登場…アウディ Q5 40 TDIクワトロ[詳細画像]

アウディ Q5 40 TDIクワトロ
アウディ Q5 40 TDIクワトロ全 34 枚写真をすべて見る

アウディジャパンから待望のディーゼルモデルが発売された。それがSUVの『Q5 40 TDIクワトロ』だ。

Q5のエントリーモデルとして636万円という価格で設定されたQ5 40 TDIクワトロは、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンを搭載している。最新の技術と、高い環境性能、そして、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発揮することで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現している。

一方、JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/リットル上回る15.6km/リットルで、70リットルのタンク容量を踏まえると単純計算では1092km走ることが可能だ。

搭載されるエンジンは、1968cc直列4気筒TDI(ターボチャージド・ダイレクト・インジェクション)の排気系は、酸化触媒コンバーター、尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどから構成される。

加えて高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGR(排ガス再循環)など、エンジン本体にも最新技術を投入し、欧州排ガス規制EURO6や日本のポスト新長期排ガス規制に適合している。そして、緻密に制御される可変ガイドベーン式ターボは、ディーゼルエンジンならではの大きなトルクを、ガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供するという。

このQ5 40 TDIクワトロは、エコカー減税の対象で、2019年2月現在、自動車取得税100%、自動車重量税100%、自動車税75%の減税が得られ、減税額は24万2900円となる(40TDIクワトロスポーツの場合)。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/21/319353.html/article/2019/02/21/319352.html/article/2019/02/21/319354.html