アウディ A5スポーツバック は改良モデルでどこまで変わる!? プロトタイプを目撃

アウディ A5スポーツバック 改良新型スクープ写真
アウディ A5スポーツバック 改良新型スクープ写真全 13 枚写真をすべて見る

アウディは現在『A4』ファミリーの改良を進めているが、『A5』ファミリーのフェイスリフトにも着手したようだ。その第一弾となる、『A5スポーツバック』改良新型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

A4の2ドアクーペ仕様として2007年にデビューしたA5は、2009年に派生モデルとなる「カブリオレ」、5ドアクーペの「スポーツバック」を続けてデビューさせており、現行モデルは2代目となっている。

捉えたプロトタイプは、再設計されたフロントバンパー、新デザインのヘッドライトが見てとれるほか、スポーティなハニカムメッシュグリルを装備し、A4と差別化を図っている。グリルのLEDライトバーはもちろん市販型には付かない「スカンジナビア限定」パーツだ。リアエンドでは、テールライトデザインが刷新され、バンパー左にあったデュアルエキゾーストパイプを左右に配置し、スクエア基調のデザインが採用されている。

キャビン内では、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載し、『A6』『A7』新型と同様のデュアル・スクリーンにも期待できそうだ。

新たなパワートレインでは、A4にも採用されている「EA288 Evo」TDIエンジンがA5にも設定されるほか、48Vマイルドハイブリッド搭載モデルがラインアップされる。

アウディはA4改良新型を2019年内にデビューさせる予定で、A5改良新型は2020年の発表となりそうだ。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/02/28/319590.html/article/2019/02/28/319589.html/article/2019/02/28/319591.html