予約できる駐車場「B-Times」、大阪府営住宅付帯駐車場へのサービス導入拡大へ

「B-Times」概要
「B-Times」概要全 3 枚写真をすべて見る

タイムズ24は、大阪府営住宅の団地駐車場にて、予約制駐車場マッチングサービス「B-Times」の導入を3月より順次拡大すると発表した。

B-Timesは、空いている土地スペースを有効活用したい人と、外出先などで確実にクルマを停めたいドライバーをマッチングする会員制駐車場サービス。「タイムズ駐車場」の開設が難しいエリアや小スペースなどにも対応できることから、2016年8月のサービス開始以来、駐車場の登録数を増やしており、多くのドライバーが利用している。

B-Timesは、昨年2月より大阪府が所有する57団地の駐車場を対象に順次サービスを導入。導入済みの団地にて、府営住宅への来訪者の多様なニーズに機能していることが確認できたことなどから、今回新たに244団地を対象にB-Timesとして提供可能となった団地から展開することとなった。

これにより、大阪府営住宅の全301団地(約73000区画)のうちの空き区画を対象にB-Timesを展開。団地が抱える来訪者用駐車場の確保や団地周辺の迷惑駐車削減などの課題解決に貢献していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 路上駐車
  • 料金イメージ
  • 建設中の国立競技場(2019年5月)
  • タイムズカーシェア
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 
  • ジェネシス GV80 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35/45 を同時スクープ!写真は「GLA45」

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/04/319739.html/article/2019/03/04/319738.html/article/2019/03/04/319740.html