スバル レヴォーグ 欧州仕様のボンネットに隠された秘密…ジュネーブモーターショー2019

スバル・レヴォーグ欧州仕様(ジュネーブモーターショー2019)
スバル・レヴォーグ欧州仕様(ジュネーブモーターショー2019)全 8 枚写真をすべて見る

ジュネーブモーターショー2019のSUBARU(スバル)ブースに展示されていた『レヴォーグ』がふと気になった。

事前のアナウンスではスバルはコンセプトカーの『SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT』(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)を世界初公開し、また欧州初の電動車両として発売する『フォレスター』と『XV』のマイルドハイブリッドモデル「e-BOXER」の現地仕様をお披露目するということだった。しかしレヴォーグのスタイルに違和感を覚えだのだ。

実はこのレヴォーグ、欧州で新たに追加される2.0リットルエンジン搭載車。これまで欧州仕様のレヴォーグのエンジンは1.6リットルターボだけであり、追加モデルとしてはじめて2.0リットルが用意されることになったのである。

そんな欧州仕様2.0リットルエンジンモデルの違和感の理由は、ボンネットフードにあった。なんと日本のレヴォーグには全車に備わる「エアダクト」がないのだ。

その理由はなんと、搭載エンジンがターボではなく自然吸気だから。FA型の2.0リットル自然吸気エンジンは110kW(150ps)を発生し、燃費は日本式に表記すると13.7km/リットル(WLTPモード)となる。

現地のニーズを反映した選択なのだろうが、エンジンはともかくこのスムーズなボンネットフードはなかなか魅力的だ。

《工藤貴宏》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/07/319873.html/article/2019/03/07/319872.html/article/2019/03/07/319874.html