若桜鉄道にスズキ製バイク『隼』の新ラッピング車…バイクと並走パレード 3月16日

前回ラッピング列車とバイクの並走パレード。
前回ラッピング列車とバイクの並走パレード。全 3 枚写真をすべて見る

鳥取県の郡家(こおげ)駅(八頭町)と若桜(わかさ)駅(若桜町)を結ぶ若桜鉄道は、スズキ製大型バイク『隼(ハヤブサ)』にちなんだ新しいラッピング列車を3月16日から運行する。

『隼』のラッピング列車は、若桜鉄道にある隼駅(鳥取県八頭町)が『隼』のライダーたちが集まる聖地のような存在になっていることから、町おこしの一環として2016年3月から運行されており、同駅では2009年からスズキの協賛で隼駅まつりが行なわれている。

新ラッピング列車の運行初日は、隼駅から同じ八頭町内の八東(はっとう)駅まで列車と『隼』が並走するパレードを実施。隼駅では10時15分~10時51分にスズキ社長を迎えての出発式が行なわれ、その後は11時15分まで5.5kmの道のりを走行する。パレードの様子は、3月15~17日に大阪市住之江区のインテックス大阪で開催される「大阪モーターサイクルショー」でも生中継される。

『隼』と並走する列車の時刻は、隼10時51分発~安部10時56分着発(15秒停車)~八東11時02分着。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プラレール60周年SLスチーム号
  • 2020年春のダイヤ改正で東海道新幹線は全列車がN700Aタイプに統一される見込み。
  • 『ALFA-X』先頭車のエクステリアデザイン。上が1号車、下が10号車。
  • 三鉄カラーとなるデオ710形712号のイメージ。
  • 大阪モノレール (AC)
  • 美術工芸品として国の重文に指定される運びとなったホジ6014号。15m級の車体で、機関走行部分を容易に取り外しできる構造となっている。車内がほぼ新製当時の状態で残されている点も見逃せない。
  • 西日本の美しい海や空を表現したという瑠璃紺色をベースにしたエクステリアイメージ。前面にはヘッドマークも付く。
  • 東北本線では初の運行となる『SL銀河』。

ピックアップ