若桜鉄道にスズキ製バイク『隼』の新ラッピング車…バイクと並走パレード 3月16日

前回ラッピング列車とバイクの並走パレード。
前回ラッピング列車とバイクの並走パレード。全 3 枚写真をすべて見る

鳥取県の郡家(こおげ)駅(八頭町)と若桜(わかさ)駅(若桜町)を結ぶ若桜鉄道は、スズキ製大型バイク『隼(ハヤブサ)』にちなんだ新しいラッピング列車を3月16日から運行する。

『隼』のラッピング列車は、若桜鉄道にある隼駅(鳥取県八頭町)が『隼』のライダーたちが集まる聖地のような存在になっていることから、町おこしの一環として2016年3月から運行されており、同駅では2009年からスズキの協賛で隼駅まつりが行なわれている。

新ラッピング列車の運行初日は、隼駅から同じ八頭町内の八東(はっとう)駅まで列車と『隼』が並走するパレードを実施。隼駅では10時15分~10時51分にスズキ社長を迎えての出発式が行なわれ、その後は11時15分まで5.5kmの道のりを走行する。パレードの様子は、3月15~17日に大阪市住之江区のインテックス大阪で開催される「大阪モーターサイクルショー」でも生中継される。

『隼』と並走する列車の時刻は、隼10時51分発~安部10時56分着発(15秒停車)~八東11時02分着。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2015年3月の開業以来、1日平均の利用者数は1万1000人台を推移しているえちごトキめき鉄道だが、当初の方針どおり、開業から6年目となる2020年4月に運賃改定に踏み切ることになった。写真は「日本海ひすいライン」のET122形。
  • 今年が最後となるイギリス向け「Class800」の陸送見学。
  • 延伸区間の浦添前田駅付近を行く試運転列車。2019年4月。
  • 2012年に秋田県内で運行されたSL列車。
  • 2019年「ブルーリボン賞」に輝いた小田急70000形GSE。
  • 4号車
  • QRコードを用いたホームドア開閉システムの概要。QRコードにはドア数や編成両数といった情報が収められている。
  • 旧北リアス線区間では太平洋から昇る朝日を拝める『さんりくあさかぜ号』。写真は旧北リアス線の列車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/14/320152.html/article/2019/03/14/320151.html/article/2019/03/14/320153.html