ベントレー フライングスパー 新型、2019年内に発売へ

現行ベントレー・フライングスパーW12 S
現行ベントレー・フライングスパーW12 S全 5 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループはドイツで開催した年次記者会見において、傘下のベントレーが新型『フライングスパー』(Bentley Flying Spur)を、2019年内に発売すると発表した。

現行フライングスパーは2013年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2013において、ワールドプレミアされた。先代の『コンチネンタル・フライングスパー』の後継モデルとなる

6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力は625ps/6000rpm、最大トルクは81.6kgm/2000rpmを引き出し、0~96km/h加速4.3秒、最高速322km/hのパフォーマンスを実現する。

このフライングスパーがおよそ6年ぶりにモデルチェンジを行い、2019年内に新型が発売される。新型フライングスパーには、『ベンテイガ』に続いて、プラグインハイブリッド車(PHV)が設定される見通し。ベントレーが属するフォルクスワーゲングループの電動化戦略の一翼を、担うことになりそうだ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ベントレー・フライングスパー 新型のブラックライン スペシフィケーション
  • ベントレー フライングスパー スピード新型(スクープ写真)
  • ベントレー・フライングスパー新型
  • ベントレー・フライングスパー新型
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/15/320180.html/article/2019/03/15/320179.html/article/2019/03/15/320181.html