三菱 eKワゴン/eKクロス 新型、ダンロップ エナセーブ EC300+ を新車装着

ダンロップ エナセーブ EC300+
ダンロップ エナセーブ EC300+全 3 枚写真をすべて見る

住友ゴム工業は、三菱自動車が3月28日から発売する新型『eKワゴン』『eKクロス』に、ダンロップの環境タイヤ「エナセーブ EC300+」の納入を開始した。

エナセーブ EC300+は、新型eKワゴン/eKクロスの求める環境性能を実現するため、エナセーブシリーズの開発で培った低燃費タイヤ技術を投入。タイヤの転がり抵抗低減による燃費性能の向上はもとより、静粛性能と操縦安定性能を高次元でバランスさせている。

納入タイヤサイズは155/65R14 75Sおよび165/55R15 75V。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダンロップ エナセーブ NEXT III
  • ダンロップ・エナセーブEC300+
  • ダンロップ・エナセーブEC300+ / 三菱eKクロススペース
  • コイト運輸株式会社
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV