ハイブリッド車のターボ装着率は3倍に増加、2027年のパワートレイン予測…ボルグワーナー

ボルグワーナーが開発した新型ターボチャージャー
ボルグワーナーが開発した新型ターボチャージャー全 1 枚写真をすべて見る

ボルグワーナー(BorgWarner)は3月27日、2027年のパワートレイン技術の普及予測を発表した。

今後10年間で、EVやプラグインハイブリッド車など、電動パワートレイン車のさらなる普及が見込まれている。その一方で、既存の内燃機関については、排ガス浄化や燃費向上のためのクリーン化技術の導入が、いっそう進むと見られている。

ボルグワーナーは、ターボチャージャーの世界的な普及率は、2017年の43%から2027年には59%に増加すると予測。可変カムタイミング(VCT)システムの普及率も、2017年の65%から2027年は72%に向上すると予想する。

また、排気ガス再循環(EGR)システムの普及率は、2027年までに42%に高まると予測。内燃機関車向けのエンジンのストップ/スタートシステムの装着率は、2017年の42%から2027年までに65%に高まると見込む。

ハイブリッド車の分野では、ターボチャージャーの装着率が2017年の20%から2027年には67%へ、3倍以上に高まると予測。ハイブリッド車のVCTシステムは、2017年の63%から2027年には70%に成長すると予想する。ハイブリッド車向けのデュアルクラッチトランスミッションの普及率は、2017年の15%から2027年には36%に倍増すると想定する。

さらにボルグワーナーは、EVの普及率も予測。2017年に90万台生産されたEVは、2023年には560万台に増えると予想している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナーの電動ターボ「eTurbo」
  • ボルグワーナーの「インテリジェントカムトルクアクチュエーター」
  • ボルグワーナーの米国インディアナ州の「ノーブルズビルテクニカルセンター」のハイテクラボ
  • ボルグワーナーの次世代の電動車向けの高電圧クーラントヒーター
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ